読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河村・名古屋市長「リニア早よ作ってちょうよ」…27年開業困難な見通しで

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リニア中央新幹線静岡工区の未着工を巡る川勝平太・静岡県知事と金子慎・JR東海社長の初のトップ会談が26日、合意がないまま終わった。愛知県が目指す2027年中の東京―名古屋間の開業が困難な見通しとなり、大村秀章知事や河村たかし名古屋市長から、改めて計画通りの開業を求める声が上がった。

 記者団の取材に応じた大村知事は「2人が率直に意見交換したことは大変有意義だった」と述べ、会談の実現を評価。一方で、「リニア開通は21世紀の日本の屋台骨を作るプロジェクト」と強調し、「JR東海は静岡県や関係者と粘り強く調整し、一日も早く着工してほしい」と注文をつけた。

 政府に対しても「(水資源への影響を検討する)有識者会議で解決方法の策定を急いでほしい」とした。

 経済効果を期待する河村市長は記者団の取材に応じ、「工事の遅れは名古屋にとっていい影響はない。早よ作ってちょうよ」と述べた。現在進めている名古屋駅前の再開発事業には「影響はない」とした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1304747 0 社会 2020/06/27 05:00:00 2020/06/27 08:11:44 2020/06/27 08:11:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)