仕事巡り口論絶えず…84歳母親、失業中の息子の首絞めて死なす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長男を絞殺しようとしたとして、愛知県警瀬戸署は28日、同県瀬戸市原山台、小林マリ子容疑者(84)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。長男は搬送先の病院で死亡が確認された。県警は殺人容疑で調べている。

 発表によると、小林容疑者は28日午後10時半頃、県営住宅2階にある自宅の居間で、同居する長男の洋一さん(59)の首を電気の延長コードで絞めて殺害しようとした疑い。「酒を飲んで寝ている隙を狙って絞めた」と容疑を認めている。

 小林容疑者が約1時間後に「息子を殺した」と110番し、駆けつけた署員がうつぶせで倒れている洋一さんを見つけた。

 県警によると、小林容疑者は洋一さんと2人暮らし。洋一さんは失業中だったといい、襲われた時は泥酔していたとみられる。小林容疑者は「日頃から(息子が)酒を飲む度、仕事のことなどで口論になるので苦慮していた」と話しているという。

無断転載禁止
1308026 0 社会 2020/06/29 10:57:00 2020/06/29 16:03:34 2020/06/29 16:03:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ