新横浜駅近くの市道陥没、長さ・幅7メートル…深さは不明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

車道と歩道にまたがってアスファルトが陥没した現場(30日午前9時15分、横浜市港北区の市道環状2号線で)=中山知香撮影
車道と歩道にまたがってアスファルトが陥没した現場(30日午前9時15分、横浜市港北区の市道環状2号線で)=中山知香撮影
横浜市道環状2号線では半月程前にも300メートルほど離れた場所で陥没が起きていた(12日)=川崎大輝撮影
横浜市道環状2号線では半月程前にも300メートルほど離れた場所で陥没が起きていた(12日)=川崎大輝撮影

 30日午前5時半頃、横浜市港北区大豆戸町の市道環状2号線で、工事関係者から「道路が陥没している」と110番があった。港北署によると、片側3車線の端の車道と歩道にまたがって、路面が長さ約7メートル、幅約7メートルの大きさで陥没した。水がたまり、深さは不明。巻き込まれた車、けが人はないという。

 環状2号線の地下では、相鉄・東急直通線のトンネル工事が行われており、12日にも約300メートル離れた環状2号線の路面が陥没していた。トンネル工事を実施している鉄道・運輸機構が原因を調べている。

 現場はJR新横浜駅近くの直線道路。正午現在、交通規制と復旧作業が続いている。

無断転載禁止
1310869 0 社会 2020/06/30 12:33:00 2020/06/30 12:47:35 2020/06/30 12:47:35 陥没した道路を重機で修復する(12日午後5時40分、港北区大豆戸町市営バス倉庫前で)=川崎大輝撮影陥没した道路の復旧工事のため、現場では通行止めが続いた(12日午後5時40分、横浜市港北区で)=川崎大輝撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200630-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ