「PCR検査で陽性、助けて」長男装い男2人が1500万円だまし取る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスに絡む電話詐欺で山梨県甲斐市の70歳代の女性が現金1500万円をだまし取られた事件で、山梨県警は30日、静岡県富士市松岡、無職の男(55)、埼玉県和光市南、無職の男(46)の2人(詐欺罪で起訴)を詐欺の疑いで再逮捕した。

 発表によると、2人は仲間と共謀して6月8~9日、女性宅に長男を装って「PCR検査で陽性だった。助けてほしい」などと電話し、長男の上司の弟を名乗った55歳の男が女性宅を2回訪れて計1500万円をだまし取った疑い。2人は容疑を認めている。

 この男は「飲食店などでアルバイトをしていたが、コロナで仕事がなくなり困っていた」と供述しているという。県警はこの男が現金を受け取る「受け子」、別の男が家を探す案内役とみて調べている。2人は9日、山梨市の80歳代男性から280万円をだまし取った疑いで逮捕、30日に起訴された。

無断転載禁止
1312583 0 社会 2020/07/01 17:51:00 2020/07/02 00:31:26 2020/07/02 00:31:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ