読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コンビニ・デパートも…レジ袋有料化スタート、外食産業はバイオマスで無料多く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

レジ袋の有料化がスタートしたコンビニ(1日午前、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影
レジ袋の有料化がスタートしたコンビニ(1日午前、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影

 レジ袋の有料化が1日、コンビニやスーパーなど全国の小売店でスタートした。

 持ち手のあるプラスチック製の買い物袋は原則、有料化が義務づけられる。生活用品店、衣料品店、家具店、玩具店など、あらゆる小売り事業者に影響は及ぶ。

 レジ袋の料金は店側が決めるが、スーパーで総菜や生鮮食品を入れるための持ち手のない袋や、紙袋、布袋、植物由来のバイオマス素材の配合率が25%以上の袋などは対象外で、引き続き客に無料提供できる。

 大部分のコンビニで一斉に有料化されるほか、デパートやホームセンターなどでも1枚数円程度で販売する。ただ、外食産業では衛生面に配慮し、バイオマス素材の袋にして無料で提供する店も多い。

 有料化の背景にあるのは、プラスチックごみ(廃プラ)による世界的な海洋汚染だ。国民生活に身近なレジ袋の削減を図り、環境問題の改善に向けて社会的な機運を高める狙いがある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1313118 0 社会 2020/07/01 13:13:00 2020/07/01 14:11:45 2020/07/01 14:11:45 レジ袋の有料化がスタートしたコンビニエンスストア(1日午前9時58分、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200701-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)