「今夏は立ち入り禁止」富士山の登山道バリケード、例年なら山開きの山梨県側で点検

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

吉田口5合目付近に設置されたバリケードの前に立つ警備員ら(1日、山梨県富士吉田市で)=若杉和希撮影
吉田口5合目付近に設置されたバリケードの前に立つ警備員ら(1日、山梨県富士吉田市で)=若杉和希撮影

 新型コロナウイルスの感染防止で今夏、登山道が閉鎖された富士山で1日、山梨県の職員らが、同県側の吉田口5合目の登山道前に設けられたバリケードの点検などを行った。

 今年の夏山シーズンは、山梨、静岡両県が「登山者の安全が確保できない」として4本の登山道全てを閉鎖している。山梨県側の吉田口は、1合目手前の「中の茶屋」と5合目の「泉ヶ滝」手前にバリケードを設置。日中は常駐する警備員が山に登らないよう呼びかけ、夜間は付近を通るとセンサーが反応して警告音が鳴る。

 1日は例年なら富士山の山梨県側の山開き。県職員らは登山道前で訪れた登山客に備えるとともに、バリケードの設置状況やセンサーの動作を点検した。同県の担当者は「山小屋は休業し、登山道の整備も万全ではなく危険なので立ち入らないでほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1313940 0 社会 2020/07/01 20:52:00 2020/10/15 15:30:31 2020/10/15 15:30:31 吉田口5合目付近に設置されたバリケードの前に立つ警備員(1日午前11時22分、山梨県富士吉田市で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200701-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ