読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高速道の料金所、すべてETC専用に…コロナ防止の観点から

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国土交通省は2日、高速道路の料金所をすべてETC(自動料金収受システム)専用とし、現金を扱うブースを廃止する方向で検討することを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、料金収受の従業員とドライバーとの接触をなくす必要があると判断した。

 今後、有識者会議の議論を経て、ETC専用化の時期や、ETC搭載車の普及策など詳細を詰める。ETCの利用率は既に93%に達しており、利用率の高い区間から段階的に専用化し、全国に拡大していくことを想定している。ETCを搭載せず誤って進入した車については、ナンバープレートを読み取って後日に徴収することなどが検討されている。

 首都高速道路などで、料金収受員が新型コロナウイルスに感染した事例がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1316229 0 社会 2020/07/02 22:53:00 2020/07/03 06:15:00 2020/07/03 06:15:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)