全市立小中学校で3453人が食中毒、給食センター工場を営業停止に…埼玉県

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は2日、同県八潮市の全市立小中学校15校で6月26日に給食を食べた児童・生徒と教員計3453人が下痢や嘔吐おうとなどを発症したと発表した。県は病原大腸菌による食中毒と断定し、給食を提供した市内の給食センター工場を2日から3日間、営業停止処分とした。

 発表によると、発症者は市内の全児童・生徒と教員計6922人の約半数にあたる。いずれも快方に向かっているという。

無断転載・複製を禁じます
1316177 0 社会 2020/07/02 22:15:00 2020/07/03 10:54:28 2020/07/03 10:54:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ