読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

電話から流れる「B’z」メロディー…稲葉浩志さん出身、市役所の保留音

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山県津山市は1日、市役所本庁舎や市立図書館など9施設の電話保留音を、同市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務める人気ロックバンド「B’z」のメロディーに変更した。

 「Easy Come, Easy Go!」のオルゴールバージョン。稲葉さんは2000年に、市民栄誉賞を受賞しており、ファンの間では古里に思いをはせて作られた曲とされている。保留ボタンが押された時点から曲が始まり、36秒間で最初に戻って再び流れる。

 市のPRにつなげようと、電話機に元から入っているメロディーの変更を企画した。市秘書広報室は「待ち時間に少しでもほっこりしてもらえれば」としている。

無断転載・複製を禁じます
1319318 0 社会 2020/07/04 10:47:00 2020/07/04 10:47:00 2020/07/04 10:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)