電話から流れる「B’z」メロディー…稲葉浩志さん出身、市役所の保留音

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山県津山市は1日、市役所本庁舎や市立図書館など9施設の電話保留音を、同市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務める人気ロックバンド「B’z」のメロディーに変更した。

 「Easy Come, Easy Go!」のオルゴールバージョン。稲葉さんは2000年に、市民栄誉賞を受賞しており、ファンの間では古里に思いをはせて作られた曲とされている。保留ボタンが押された時点から曲が始まり、36秒間で最初に戻って再び流れる。

 市のPRにつなげようと、電話機に元から入っているメロディーの変更を企画した。市秘書広報室は「待ち時間に少しでもほっこりしてもらえれば」としている。

無断転載・複製を禁じます
1319318 0 社会 2020/07/04 10:47:00 2020/07/04 10:47:00 2020/07/04 10:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ