浸水時は「津波のようでどうにもできなかった」…14人心肺停止の特養

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

14人の心肺停止が確認された特別養護老人ホーム「千寿園」(奥の建物)(4日午後6時22分、熊本県球磨村で、本社機から)=小林武仁撮影
14人の心肺停止が確認された特別養護老人ホーム「千寿園」(奥の建物)(4日午後6時22分、熊本県球磨村で、本社機から)=小林武仁撮影

 14人の心肺停止が確認された熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」。入所者らの避難を手伝った村議の小川俊治さん(72)は、施設が浸水したときの様子を「津波のようだった」と振り返った。

 近くに住む小川さんは、災害時に入所者の避難を支援するボランティアを務めている。4日未明から雨が激しくなったため入所者が心配になり、施設に向かった。

職員らと一緒に1階の入所者を2階に移していたところ、施設内にどんどん水が入ってきたという。

 小川さんは「水の勢いが強く、東日本大震災での津波のようだった。いろんな物が浮かんでいて、何かにつかまりながら必死でもがいた。どうにもできなかった」と声を震わせた。

 同県人吉市でラフティング会社を経営する毎床哲哉さんは自衛隊の依頼を受け、救助された入所者らをボートに乗せて、消防などが待機する場所まで運んだ。ほかのラフティング会社も協力し、計約20人を運んだという。毎床さんは「車いすのままで乗る方や、疲れた様子で眠っているような方もいた。まさかここまで氾濫するとは」と驚いた様子だった。

 施設のホームページなどによると、施設はJR肥薩線・渡駅から北約500メートルにあり、村立渡小学校に隣接している。球磨川からは約400メートルの距離で、すぐ近くには球磨川に注ぐ支流が流れている。

 2000年6月に設立され、短期入所や通所介護などのサービスも行っている。

 国土交通省によると、4日午前1時時点で同村内の球磨川の水位は約4メートルだったが、3時間後には9メートル以上に達した。同村が位置する山間部の川幅は狭いため、水位が急上昇したとみられるという。

無断転載禁止
1319920 0 社会 2020/07/04 20:21:00 2020/07/08 10:03:36 2020/07/08 10:03:36 14人の心肺停止が確認された特別養護老人ホーム「千寿園」(4日午後6時22分、熊本県球磨村で、本社機から)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200704-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ