熊本などに再び大雨の予報…気象庁、警戒呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡管区気象台の5日午前11時前の発表によると、九州南部付近に停滞している梅雨前線は活発な状態のまま同日夜から6日にかけて九州北部付近まで北上し、7日にかけて停滞するという。そのため5日夕方から局地的に雷を伴った激しい雨が降り、再び大雨となるおそれがあるという。同気象台では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫への警戒を呼び掛けている。特に熊本県ではこれまでの記録的な大雨で地盤が緩んでいるところや増水し氾濫している河川があることから、7日にかけ厳重な警戒が必要という。

 6日正午までに予想される24時間降水量は、多いところで、熊本県200ミリ、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県が120ミリ。 

 一方、鹿児島地方気象台発表分(5日午前11時前)では、6日正午までに予想される24時間降水量は、鹿児島県(奄美地方を除く)、宮崎県が250ミリとなっている。

無断転載・複製を禁じます
1320955 0 社会 2020/07/05 11:46:00 2020/07/08 10:00:33 2020/07/08 10:00:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ