読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

熊本豪雨22人死亡、17人心肺停止・11人不明…再び大雨の恐れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本、鹿児島両県を襲った豪雨から一夜明けた5日、熊本県南部で被害が次々と明らかになり、死者は計22人になった。熊本県は午後9時現在、19人が死亡、17人が心肺停止となったと発表。行方不明者も11人に上る。このほか、同県八代市も3人の死亡を確認したと明らかにした。九州では7日にかけ、再び大雨になる恐れがあり、気象庁が警戒を呼びかけている。

濁流が押し寄せ、流された車両や倒壊した建物(5日午後2時27分、熊本県球磨村で)=関口寛人撮影
濁流が押し寄せ、流された車両や倒壊した建物(5日午後2時27分、熊本県球磨村で)=関口寛人撮影

 4日の豪雨では、球磨(くま)川が氾濫し、広範囲で冠水被害や土砂災害が発生した。県によると、人吉市で9人、芦北町で9人、津奈木町で1人の死亡を確認した。

 川の氾濫で浸水し、14人が心肺停止となった球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」からは、入居していた残りの51人が医療機関に搬送された。球磨村では、ほか2人が心肺停止となっている。

 5日朝時点で、県内約50か所で集落が孤立状態にあり、球磨村では全域の1432世帯に及ぶ。芦北町など30か所では土砂災害が発生した。人吉、球磨など4地域の28医療機関で、浸水被害が確認された。

 国土交通省によると、球磨川水系の氾濫は12か所に上った。このうち人吉市の1か所で堤防が決壊し、復旧工事を行っている。球磨川水系の流域では浸水被害が約6100戸に上ると推定されるという。橋の流失も11か所で確認された。

 気象庁によると、梅雨前線の影響で、6日午後6時までの24時間降水量は、熊本、鹿児島、宮崎の3県で250ミリの大雨が予想されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1321148 0 社会 2020/07/05 16:01:00 2020/07/08 09:59:37 2020/07/08 09:59:37 球磨川の氾濫による浸水で被災した街並み(5日午後2時27分、熊本県球磨村で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200706-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)