読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

5県121万人に避難指示…豪雨の死者56人、行方不明12人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 

 停滞した梅雨前線の影響で、九州北部は7日、非常に激しい雨が降り続いた。国土交通省によると、7日正午現在、九州の全7県の9河川20か所で氾濫が発生。熊本と福岡県では新たに7人の死亡が発表され、4日からの豪雨の死者は、7日午後9時現在、計56人となった。熊本、鹿児島、大分県では12人が行方不明になっており、捜索活動が続いている。

強い雨が降る中、捜索活動が続く土砂崩れ現場(7日午後5時35分、熊本県津奈木町福浜で)=中嶋基樹撮影
強い雨が降る中、捜索活動が続く土砂崩れ現場(7日午後5時35分、熊本県津奈木町福浜で)=中嶋基樹撮影

 読売新聞のまとめでは、7日午後8時現在、福岡、長崎、大分、熊本、鹿児島県で計約121万人に避難指示が出された。九州の各県教育委員会によると、7日に休校した公立の小中高校、特別支援学校は1300校以上に上った。

 熊本県山鹿市では7日朝、浸水した車から高齢の男女2人が見つかり、死亡が確認された。同県人吉市や八代市でも新たに3人の死亡が判明した。

 福岡県は7日、同県大牟田市の浸水した住宅で87歳の女性と84歳の男性がそれぞれ死亡したと発表。大分県日田市では女性が玖珠(くす)川に流されたとみられ、県警が捜索している。

 国交省によると、7日午前8時35分、筑後川上中流部で氾濫が発生し、日田市で流域の建物が浸水するなどの被害が出ている。日田市の天ヶ瀬温泉では、玖珠川が氾濫し、鉄橋「新天瀬橋」が流された。同県九重町のJR久大線の鉄橋「第二野上川橋りょう」の一部も流失した。

 気象庁の発表では、降り始めから7日午後3時までの雨量は、鹿児島県鹿屋市で877・5ミリ、宮崎県日南市で746ミリ、大分県日田市で656・5ミリ、福岡県大牟田市で519ミリを観測した。

 同庁は、福岡、佐賀、長崎の3県に出した「大雨特別警報」を、発表から約19時間後の7日午前11時40分に大雨警報に切り替えた。引き続き、河川の氾濫や土砂災害などへの警戒を呼びかけている。

 6日夜から大雨警報が出ていた愛媛県西条市では7日、道路脇の水路(深さ40センチ)に近くに住む男性(79)が倒れているのを通行人が見つけた。男性は心肺停止状態で、水路に転落して流されたとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1326941 0 社会 2020/07/07 19:46:00 2020/07/08 09:54:15 2020/07/08 09:54:15 時折強い雨が降る中、続けられる捜索活動(7日午後5時35分、熊本県津奈木町福浜で)=中嶋基樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200707-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)