福岡・久留米で「内水氾濫」か…行き場を失った水が住宅街に押し寄せ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

筑後川(上)流域の住宅や農地などが広く冠水した福岡県久留米市北野町一帯(8日午前10時24分、読売ヘリから)=里見研撮影
筑後川(上)流域の住宅や農地などが広く冠水した福岡県久留米市北野町一帯(8日午前10時24分、読売ヘリから)=里見研撮影

 福岡県久留米市では、広い範囲で住宅が浸水した。国土交通省や同県は、大量の雨水を市街地から河川に排水できず、水があふれる「内水氾濫」が起きたことが原因とみている。

 国交省などによると、一連の豪雨で筑後川の水位は大きく上昇。大量の水が支流を通じて市街地に流入する事態を防ぐため、6日頃から支流の水門を閉じていった。このため、支流に流れ込んでいた水路があふれ、行き場を失った水が住宅街などに押し寄せ、広い範囲で冠水が起きたとみられる。各地で排水ポンプを動かしたが、追いつかなかったという。

 同市では、2018年7月の大雨でも内水氾濫が発生した。九州大の小松利光名誉教授(河川工学)は「久留米市は標高が低く、平らな土地が広がっており、浸水が起きやすい。住民はハザードマップで自分たちが暮らす地域のリスクを確認し、早めの避難を心がけてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1329531 0 社会 2020/07/08 20:03:00 2020/07/09 09:53:26 2020/07/09 09:53:26 冠水したビニールハウス※北野町高良付近です(8日午前10時24分、福岡県久留米市で、本社ヘリから)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200708-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ