コロナ対策が不十分な店、利用を避けて…埼玉県が県民に協力要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は8日、県内で接待を伴う飲食店を中心に新型コロナウイルス感染者が増えていることを受けて、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき、感染症対策が十分に取られていない店については県内外を問わず利用を避けるよう、県民に協力を要請した。

 特措法24条では、都道府県の知事が感染対策を実施するために必要があると認める場合に、団体や個人に協力を要請することができる、としている。県は県内の飲食店事業者に対しても、消毒やマスクの着用などの感染症対策の徹底を求めた。

 大野元裕知事は県内の感染者の特徴について「東京都内の繁華街やさいたま市などで、夜の街の接待を伴う飲食店で感染するケースが多数確認されるようになっている」と指摘。「法律に基づく措置を行うことによって、一段強いお願いとした」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1329859 0 社会 2020/07/08 22:54:00 2020/07/08 23:03:01 2020/07/08 23:03:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ