狭い空間で飲食、大声で会話したケースも…国内の感染者355人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内では9日、19都道府県と空港検疫で新たに計355人の感染が確認され、累計で2万763人となった。1日当たりの新規感染者数が300人台に達したのは緊急事態宣言中の5月2日以来で、同宣言の解除後は初めて。死者は確認されなかった。

 大阪府では、小学生から60歳代までの男女30人の感染が確認され、うち20人の感染経路がわかっていない。府内で30人以上の新規感染は、44人だった4月29日以来。府によると、6月中旬~7月8日に感染が判明した129人のうち、18歳~30歳代が78%を占める。換気の悪い狭い空間で飲食しながら、大声で会話していたケースが目立つという。

 東京都に隣接する神奈川、千葉、埼玉3県でも計69人の感染が判明した。このうち22人が感染した千葉県では、少なくとも7人が通勤や飲食店の会食などで都内との往来があった。千葉県内で1日当たりの感染者が20人台となったのは4月23日以来。横浜市でも、都内の接待を伴う飲食店に勤める30歳代男性の感染が判明した。

無断転載・複製を禁じます
1332119 0 社会 2020/07/09 20:05:00 2020/07/10 07:51:53 2020/07/10 07:51:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200710-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ