九州の豪雨死者62人、土砂崩れ118件…5県2800人が避難所に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

熊本県多良木町に設けられた避難所で過ごす球磨村の住民ら(9日午前9時41分)=大石健登撮影
熊本県多良木町に設けられた避難所で過ごす球磨村の住民ら(9日午前9時41分)=大石健登撮影

 梅雨前線の影響で、九州各地では9日も激しい雨が降り、被害が拡大した。大分、熊本両県で新たに5人の死亡が発表され、4日からの豪雨による死者は計62人となった。九州全7県で118件の土砂崩れが発生している。熊本、鹿児島両県に大雨特別警報が出て11日で1週間となるが、被害の全容はつかめていない。

 活発な梅雨前線は9日も九州から東海にかけて発達した雨雲をもたらし、西日本から東日本の広い範囲で激しい雨となった。9日午後7時までの1時間雨量は最大で、長崎県諫早市で66ミリ、長崎市で54・5ミリ、宮崎県えびの市で46ミリ、熊本県宇城市で38・5ミリなどを観測した。

 一連の大雨では、9日午後7時現在、熊本県を中心に死者62人、心肺停止1人、行方不明16人の被害が確認されている。ただ、各地で断続的に降る大雨が行方不明者の捜索を阻んでいる。

 身元が公表された死者53人のうち、65歳以上が9割近くを占めた。大分県は9日、同県由布市で行方不明となっていた5人のうち、同市湯布院町湯平の旅館業、渡辺登志美さん(81)が遺体で見つかったと発表した。死因は溺死という。高齢者が避難する難しさも浮き彫りになっている。

 土砂崩れも相次いでいる。国土交通省によると、9日正午までに熊本県で48件、鹿児島県で36件、長崎県で12件などが確認された。

 読売新聞のまとめでは、9日午後8時現在、九州で約23万人に避難指示が出され、約2800人が避難所に身を寄せている。複数の河川の氾濫などにより、九州と山口県では計約1600棟が床上浸水し、計約3900棟に床下浸水の被害が出た。

 梅雨前線は10日も本州に停滞し、九州などが大雨に見舞われる見通し。10日午後6時までの24時間予想雨量は、九州北部で300ミリ、四国で200ミリ、九州南部で150ミリ、東海で130ミリなど。大雨は12日頃まで続く恐れがある。

 気象庁は9日、九州を中心に深刻な被害をもたらした今回の豪雨を「令和2年7月豪雨」と名付けた。同庁が名称を付けた自然災害は、昨年10月の東日本台風(台風19号)以来となる。

無断転載・複製を禁じます
1332305 0 社会 2020/07/09 21:49:00 2020/07/09 22:32:05 2020/07/09 22:32:05 避難所に身を寄せる球磨村から避難してきた住民ら(9日午前9時41分、熊本県多良木町で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200709-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ