夫がテレワーク、主婦4人に1人が望まず…「ずっと家にいて家庭不和」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 明治安田生命保険は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が子育てに与えた意識変化についてのアンケート結果を発表した。男性は子どもと関わる機会が増えたことで約7割が前向きにとらえたが、女性はストレスを感じたとする意見が約4割に上った。 調査は6月12~15日、6歳までの子どもがいる計1100人にインターネットで行った。

災害時なら「大混乱」、KDDIに批判相次ぐ…児童の安否確認できない事態も

 外出自粛期間中、男性は45・4%が子育て時間が「増えた」と回答した。「積極的に子どもの面倒をみるようになった」や「子どもとの絆が深まった」などの声が多く寄せられた。

 一方、女性からは「子どもとの絆が深まった」という意見が16・2%あったが、「子どもにイライラすることが多くなった」や「夫の育児にイライラすることが多くなった」などストレスを訴える内容が目立った。

 自粛期間中にテレワークを行った人の約9割が「今後も行いたい」と回答した。ただ、夫がテレワークをしていた専業主婦の約4人に1人は「今後はしてほしくない」と答えた。理由で最も多かったのは「夫がずっと家にいることで家庭不和になり、子どもに悪影響なため」だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1336387 0 社会 2020/07/12 00:38:00 2020/07/13 12:51:31 2020/07/13 12:51:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)