熊本・球磨川の水位が再上昇、人吉で一時避難呼びかけ…豪雨死者は65人に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

警察官や消防隊員らによる行方不明者の捜索が続く災害現場(11日、熊本県津奈木町福浜で)=浦上太介撮影
警察官や消防隊員らによる行方不明者の捜索が続く災害現場(11日、熊本県津奈木町福浜で)=浦上太介撮影

 熊本県南部を中心に九州に甚大な被害をもたらした豪雨から1週間となった11日、同県津奈木町などで新たに2人の死亡が分かり、一連の豪雨での死者は65人になった。停滞する前線と低気圧の影響で、この日も西日本から東北の広い範囲で雨が降り続いた。熊本県人吉市では断続的な雨で球磨川の水位が再び上がり、一時避難が呼びかけられた。

 11日午後9時現在、死者は熊本県61人、福岡県2人、大分県1人、長崎県1人の計65人。行方不明者は熊本県6人、大分県5人、鹿児島県1人の計12人に上る。長崎県対馬市では10日に田んぼを見に行った後、行方がわからなくなっていた男性(51)が11日に同市沖の海中で見つかり、死亡が確認された。

 読売新聞の集計では11日午後6時現在、損壊や浸水などの住宅被害が熊本、福岡両県を中心に九州各県で約1万3000棟に達し、1162世帯2935人が避難所などに避難している。

 熊本県は11日から応急仮設住宅の建設に着手。人吉市で15戸、山江村で25戸の計40戸を建設し、8月中旬の入居開始を目指している。

 気象庁によると、本州付近での前線の停滞は今後も続き、12~13日は全国的にいったん小康状態となる見通しだが、14~15日頃にかけては再び大雨に見舞われる恐れがある。同庁は「記録的大雨で土砂災害の危険度が非常に高まっている地域があり、油断しないでほしい」と呼びかけている。

無断転載禁止
1335915 0 社会 2020/07/11 21:22:00 2020/07/11 22:32:41 2020/07/11 22:32:41 行方不明者の捜索を続ける警察官や消防隊員ら(11日午前10時47分、熊本県津奈木町福浜で)=浦上太介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200711-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ