大阪、きょう感染経路不明者14人以上なら「黄信号」点灯

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は11日、府内で新型コロナウイルスの感染者が新たに28人確認されたと発表した。感染経路不明者は22人だった。12日の新規感染者の中で経路不明者が14人以上になった場合、府が休業要請する際などの基準「大阪モデル」で、府民に警戒を求める「黄信号」が点灯することになる。

新規感染28人確認

 府によると、新規感染者が20人以上になるのは3日連続。28人のうち17人が10~20歳代で、30、40、50歳代が各3人いた。全体に占める感染経路不明者の割合は約78・6%。経路不明者が8割超のこともあった感染拡大期の3、4月並みに近づきつつあるという。

 「黄信号」は〈1〉経路不明者が前週に比べて2倍以上(直近7日間の平均)〈2〉経路不明者が10人以上(同)〈3〉新規陽性者が直近7日間で120人以上かつ後半3日間で半数以上――の三つすべてを満たすと点灯する。

 府によると、11日に新規感染者が32人以上、このうち経路不明者が31人以上だと「黄信号」が点灯していた。この日は基準を満たさずに回避されたが、12日に経路不明者が14人以上になれば点灯する。

 府の方針では、点灯した場合、府民に「3密」回避の徹底を求めるほか、家族内の感染を防ぐよう注意喚起したり、クラスター発生施設の利用者にPCR検査受診を呼びかけたりする。一方で、広範囲の「休業要請」や臨時休校は求めない見通し。

無断転載・複製を禁じます
1336773 0 社会 2020/07/12 09:43:00 2020/07/12 11:13:16 2020/07/12 11:13:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200712-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ