果樹に被害、カメムシ大量発生…暖冬原因か・県全域に注意報

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県内で大量発生が危惧されるチャバネアオカメムシ(県農業技術センター提供)
県内で大量発生が危惧されるチャバネアオカメムシ(県農業技術センター提供)

 リンゴやナシなどに害を及ぼす「果樹カメムシ類」が大量発生しているとして、群馬県は13日、県内全域に発生予察注意報を発令した。県内での発令は2014年度以来6年ぶり。特に多いのがチャバネアオカメムシで、県農業技術センターは農薬散布など農家に早期の対策を求めている。

 同センターによると、このカメムシは7月になるとスギ・ヒノキをエサに繁殖するが、エサが少ないと果樹園に飛来してリンゴ、ナシといった果物やナスなどの汁を吸い、果実の奇形や落下の原因となる。

 同センターが渋川市や高崎市、中之条町など県内7地点で行った7月上旬の調査では、6地点で平年の数値を2~4倍上回った。暖冬だったため、越冬しやすかったことなどが原因とみられる。

 既に果樹園内に飛来しているケースもみられ、同センターは早めに園内外の見回りをするように呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1340107 0 社会 2020/07/14 08:19:00 2020/07/14 11:57:58 2020/07/14 11:57:58 県内で大量発生が危惧されるチャバネアオカメムシ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200714-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ