西日本で激しい雨…近畿・中四国はきょう夜まで雨が続く見込み

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

裏山が崩れ、土砂が流れ込んだ住宅(広島県東広島市で)
裏山が崩れ、土砂が流れ込んだ住宅(広島県東広島市で)

 前線や湿った空気の影響で、13日から14日にかけて西日本では激しい雨が降り、広島県などで土砂崩れや河川の氾濫が起きた。

 広島県東広島市河内町宇山では14日午前6時頃、民家の裏山の斜面が崩れたと119番があった。民家1階に土砂が流れ込んでおり、広島県警によると、この家に住む80歳代の女性と50歳代の男性の親子2人と連絡が取れなくなっている。一時、民家内から男性の声が聞こえたといい、消防などが救助活動を続けている。

 気象庁によると、14日午前4時40分までの12時間降水量は、広島県三次市で観測史上最大の164・5ミリを記録。県や広島地方気象台は県内各地に土砂災害警戒情報を出している。

 島根県は14日、同県江津ごうつ市の2か所で江の川が氾濫したと発表。左岸から水があふれ、川沿いの集落が浸水しているという。

 近畿、中四国の各地方では、14日夜まで雨が続く見込み。これまでの降雨で地盤が緩んでいるとみられ、気象庁は、雨がやんでいても新たな土砂崩れが起きる可能性もあるとして注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1340457 0 社会 2020/07/14 11:53:00 2020/07/14 18:17:54 2020/07/14 18:17:54 裏山からの土砂で傾いた住宅(広島県東広島市河内町宇山で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200714-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ