小6教諭「おうちに医療関係者がいる人、手を挙げて」…校長謝罪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎市教育委員会は16日、市立小6年の教諭が、医療関係者の保護者がいる児童に挙手させていたことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で医療関係者や家族への差別が問題となっており、市教委は全小中高校に適切な指導を求める通知を出した。

 市教委によると、教諭は14日朝、担当するクラスで児童の体調や体温などが記載された表を回収する際、「おうちに医療関係者がいる人は手を挙げてごらん」と言い、児童に手を挙げさせた。教諭は「感染防止の取り組みを徹底しようと思った」と校長に説明したという。

 校長は「差別や偏見につながりかねない発言」として教諭を指導。15日に教諭と一緒にクラスで児童に謝罪し、全校児童の保護者向けに経緯の説明と謝罪の気持ちを伝えるプリントを配布したという。

無断転載・複製を禁じます
1346226 0 社会 2020/07/16 20:16:00 2020/07/17 21:58:12 2020/07/17 21:58:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ