熱海のカラオケ飲食店、「県内初」クラスター…首都圏からも多くの客

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県は17日、熱海市と伊豆市、島田市の計3人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。熱海市と伊豆市の2人は、4人が感染した熱海市のカラオケのある飲食店「クレッセント」(田原本町)を利用していた。同一施設で6人が確認されたため、県は県内初となるクラスター(感染集団)が発生したと判断した。

 県内の感染者は、県外での確認を除き計102例となった。

クラスターが発生した店舗の入り口(17日、静岡県熱海市田原本町で)
クラスターが発生した店舗の入り口(17日、静岡県熱海市田原本町で)

 店を利用した2人はともに60歳代の男性で、県は関係を明らかにしていない。熱海市の男性は、6日に店を利用しており、11日から38度の発熱などがあった。15日に検査を受け、16日に陽性が判明した。伊豆市の男性は、7日に店を訪れた。11日から関節痛やせきがあったといい、16日に検査したところ陽性だった。

 県は16日までに確認された感染者4人のうち、熱海市の住民1人について、店にいたのが8日であるとした。ほかの3人が店を訪れていた日付や4人の関係は明らかにしていない。

 クラスターになった原因や6人の感染経路は分かっていない。この店は首都圏からの客も多く、県は県内外に複数の利用者がいるとみている。県は1~11日の間に店と関係があった人に熱海保健所(0557・82・9125)へ相談するよう呼びかけている。

 島田市の感染者は、週に2日、新幹線で県外の会社に通勤していた。仕事の関係者が陽性だったために16日に検査を受け、感染がわかった。

     ◇

 クラスターが発生した店は、JR熱海駅前の繁華街にあり、駅から200メートルほど離れている。入り口には13日から営業を自粛するとのお知らせが掲示されていた。近所の人らによると、常連客の多い店だったという。

 近くの商店主男性(45)は、「観光客が増えつつあるだけに、悪評が出なければ」と話した。

 別の商店の女性従業員は「お店が悪いわけではないが、客足に影響が出るのではないかと思うとショックです」と心配していた。

 熱海市の斉藤栄市長は発生を受け、「業界団体等と協力して、市民の皆様やお客様が安心できる環境整備に取り組む」とのコメントを発表した。

無断転載・複製を禁じます
1350242 0 社会 2020/07/18 13:23:00 2020/07/18 16:03:02 2020/07/18 16:03:02 クラスターが発生したカラオケラウンジ。再営業自粛の案内が入り口に掲示されていた。(熱海市田原本町で)=安江清彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200717-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ