読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪ミナミの臨時検査場、陽性率20%…松井市長「ほとんどが若者」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市の松井一郎市長は20日、感染者が目立つ「夜の街」対策で、大阪・ミナミに16日から設置している臨時のPCR検査場で、検査を受けた人の約20%が陽性だったと明らかにした。

 府全体の陽性率を大きく上回っており、松井市長は記者団に「ほとんどが若者。若い人にきちっと対策し、感染拡大を防ぐ協力をお願いしたい」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1356130 0 社会 2020/07/21 10:51:00 2020/07/21 13:58:04 2020/07/21 13:58:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)