読売新聞オンライン

メニュー

最低賃金の引き上げ額、目安示さず…中央審議会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

最低賃金の引き上げが議論された中央最低賃金審議会の小委員会。議論は夜を徹して続いた(21日、東京都千代田区で)
最低賃金の引き上げが議論された中央最低賃金審議会の小委員会。議論は夜を徹して続いた(21日、東京都千代田区で)

 最低賃金(時給)の引き上げ額を議論していた中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を考慮し、今年度は「引き上げ額の目安を示すことは困難で、現行水準の維持が適当」とする結論をまとめた。最低賃金は昨年度まで4年連続で3%の引き上げが実現してきたが、今年度は各地で「据え置き」に近い水準にとどまるとみられる。

 目安が示されないのは、リーマン・ショックの影響が出た2009年度(一部地域を除く)以来、11年ぶり。

 現在の最低賃金の全国平均は901円。16~19年度は3%の引き上げが続き、19年度は東京都と神奈川県で初めて1000円の大台を超えた。

 しかし今年度はコロナ禍の直撃を受け、労使の委員らで構成する同審議会の小委員会では、使用者側が「引き上げの凍結」を主張。これに対し、労働者側が「経済再生のためには賃上げを維持すべきだ」と訴えて激しい攻防が続き、最終議論が25時間以上に及ぶ異例の事態となった。

 今後、都道府県ごとの最低賃金審議会が具体的な引き上げ額を決めるが、中央の審議会が目安を示さなかったことで、各地で最低賃金の引き上げは抑制され、昨年度の水準近くに抑えられるとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1359938 0 社会 2020/07/22 20:06:00 2020/07/22 23:36:13 2020/07/22 23:36:13 最低賃金の引き上げが議論された中央最低賃金審議会の小委員会。審議は夜を徹して続いた(21日、東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200722-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)