ホストがマスク着けず接客、隣に座りデュエット…「いつ感染してもおかしくない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

感染者数が過去最多となった22日夜、大阪・ミナミの戎橋周辺の飲食店街では多くの人の姿が見られた=東直哉撮影
感染者数が過去最多となった22日夜、大阪・ミナミの戎橋周辺の飲食店街では多くの人の姿が見られた=東直哉撮影

 大阪府で22日、新型コロナウイルスの新規感染者が121人となり、4月9日以来、約100日ぶりに過去最多を更新した。吉村知事から、感染の「震源地」と指摘されている「夜の繁華街」では、従業員らの危機感が薄い店も少なくない。

 「密になって接客するのでいつ感染してもおかしくない」。大阪・ミナミのホストクラブで働く男性(28)は、そう話す。店では、従業員がうがいや手洗いを頻繁に行い、店内の消毒もしている。だが、接客時にマスクを着けることはなく、客の隣に座ってカラオケでデュエットすることも多く、感染が拡大しやすい状況にある。

 別のホストクラブの男性(21)は「人生を楽しみたいし、お金も稼ぎたい。感染を必要以上に怖がっても仕方がない」と言う。店内では大音量で音楽が流れているため、大声で話さないと会話ができないという。

 感染拡大予防ガイドライン(指針)を守る店に発行される「感染防止宣言ステッカー」を貼りだす店も目立つが、実際は守られていないケースもある。

無断転載・複製を禁じます
1360957 0 社会 2020/07/23 07:02:00 2020/07/23 09:41:08 2020/07/23 09:41:08 過去最多となった22日夜、大阪・ミナミの戎橋周辺の飲食店街では多くの人の姿が見られた(22日午後7時51分、大阪市中央区で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200723-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ