与論島で11人感染判明…感染女性が訪れた飲食店でクラスター発生か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内では23日、33都道府県と空港検疫で新型コロナウイルスの感染者が確認された。新たな死者は2人で、北海道の60歳代の男性と埼玉県の80歳代の男性だった。

 鹿児島県では15人の感染が確認された。うち20~90歳代の男女11人は、離島・与論島の住民だった。県によると、22日に感染が判明した20歳代女性が勤務する島内の総合病院「与論徳洲会病院」(約80床)で院内感染が発生したとみられるほか、女性が会食で訪れた飲食店でもクラスター(感染集団)が起きた可能性がある。県が関係者ら80人超の検査を進めている。

 同病院は島内で唯一、入院患者の受け入れ可能な医療機関で、県は病床を確保するため、一部の感染者について、海上保安庁の航空機で島外に搬送した。

 47人の感染が判明した福岡市は23日、学生らの同窓会で新たなクラスターが発生したことを明らかにした。市によると、同窓会は今月11日、同市中央区内の飲食店で行われ、市内の20歳代の男子学生ら11人が参加。市は23日、このうち10人の感染を発表した。

 このほか、すでにクラスターが発生したと認定されている接待を伴う飲食店3店でも感染者が計7人増えた。

 21日に40歳代の男性刑務官の感染が判明した福岡刑務所(福岡県宇美町)では、20歳代の男性刑務官2人の感染が確認された。

 熊本県では20~50歳代の女性3人の感染が判明し、うち1人は20歳代の荒尾市職員だった。マスク着用で勤務し、市役所で窓口対応することもあった。

 沖縄県では、5人の感染が判明。うち1人は米軍嘉手納基地(沖縄市など)の基地従業員で、初めて基地従業員の感染が確認された。米兵経由で感染が起きたか調べている。

無断転載・複製を禁じます
1362966 0 社会 2020/07/24 13:57:00 2020/07/24 16:10:49 2020/07/24 16:10:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ