読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

相馬野馬追が開幕、無観客で神事のみに…総大将「日常生活早く回復を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

規模を縮小して始まった「相馬野馬追」(25日午前、福島県相馬市で)=武藤要撮影
規模を縮小して始まった「相馬野馬追」(25日午前、福島県相馬市で)=武藤要撮影

 福島県相馬地方で1000年余り続くとされる国の重要無形民俗文化財「相馬野馬追のまおい」が25日、始まった。例年3日間で10万人以上の見物客が訪れるが、今年は新型コロナウイルスの影響で、呼び物の騎馬武者行列や甲冑かっちゅう姿の騎馬武者による競馬、花火で打ち上げた旗を奪い合う神旗しんき争奪戦などの行事が中止され、神事のみを無観客で行う。

 25日朝には、同県相馬市の相馬中村神社で出陣式が行われた。陣羽織や甲冑姿の武者ら29人が参列し、法螺ほら貝を吹いて地域の安寧を祈った後、総大将の相馬行胤みちたねさん(46)が「我々は飢饉ききんや津波などの困難を乗り越えてきた。伝統の力を信じ、日常生活が一日も早く回復することを願う」と訓示した。

 その後、本来は騎馬武者行列が約20キロ先の雲雀ひばりヶ原祭場地(南相馬市)まで練り歩くが、この日は参列者が無観客の参道を約300メートル歩いて初日を終えた。

無断転載・複製を禁じます
1364689 0 社会 2020/07/25 14:26:00 2020/07/25 14:40:36 2020/07/25 14:40:36 「相馬野馬追」が始まり、総大将が乗馬した行列が相馬中村神社の参道を歩いた(25日午前9時53分、福島県相馬市で)=武藤要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200725-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)