アクリル板越しに窓口対応・マスクも着用…市職員が感染

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市は25日、旭区役所と同市保健所の職員計2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

コロナ禍の終息願い5670個、天下分け目の「風鈴トンネル」

 発表によると、旭区役所で感染したのは50歳代男性で、22日午前中まで国民健康保険の加入などの手続きに訪れた市民に窓口で対応していた。対応は透明のアクリル板越しで、男性はマスクを着用していた。23日に発熱症状が出たという。

 同市保健所で感染が確認されたのは60歳代の男性で、公害被害の補償などを担当しており、業務で市民に対応することはないという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1366367 0 社会 2020/07/26 12:38:00 2020/07/26 23:05:48 2020/07/26 23:05:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)