宮崎の新規感染者、東京並みの地域も…スナックで「クラスター」発生か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮崎県内で新型コロナウイルスの新規感染者が急増している。県は25日、客4人の感染が判明した高鍋町のスナックでクラスター(感染集団)が発生した疑いが強いと発表。同町を含む西都市・児湯郡圏域の感染状況を3段階で最も警戒度が高い「厳しい」に引き上げ、同圏域の住民に対し、不要不急の外出の自粛などを要請した。(梅野健吾、平島さおり)

西都市・児湯郡圏域 警戒度最高に

 25日午後8時現在、県内の累計感染者は40人。このうち、20人は22日以降に感染が確認されている。同圏域では10人で、直近1週間の10万人あたりの新規感染者数は東京都並みの12・3人と非常に高くなっている。県は25日、クラスターが発生したとみている高鍋町の接待を伴う飲食店が、スナック「Little」であることを公表した。

 県内では、Littleの利用者ら「高鍋町グループ」、理容店の利用者ら「宮崎市グループ」の感染が目立つ。県は感染拡大を防ぐため、これらの関係者について徹底したPCR検査を実施していく方針を明らかにした。

 高鍋町グループでは、Littleを含む町内約80店の接待を伴う飲食店について、これらの従業員と今月1日以降の利用者の全員をPCR検査すると表明。高鍋保健所管内の居住者は同保健所(0983・22・1330)、管外の居住者は「新型コロナクラスター臨時相談電話」(0985・44・2603)に連絡するよう呼びかけている。

県立4高など臨時休校へ

 また、県教委は西都市・児湯郡圏域の県立高4校、特別支援学校1校で27日から1週間、臨時休校を実施することを決めた。西都市内の小中学校は27~31日に臨時休校とする。高鍋町内の小中学校はすでに夏休みに入っている。

 河野知事は25日、記者会見で「県内で初めてクラスターが発生した疑いが強い。事実上の第2波に直面している。徹底した検査を行い、感染の早期発見、封じ込めを図る」と述べた。

     ◇

 県は25日未明、新たに男女6人の新型コロナ感染者が確認されたと発表した。宮崎市は25日、宮崎科学技術館職員の男性(40歳代)ら別の男女4人の感染を発表した。

無断転載・複製を禁じます
1366383 0 社会 2020/07/26 12:55:00 2020/07/26 15:31:28 2020/07/26 15:31:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ