読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ALS協会「医療倫理に背く行為」、嘱託殺人事件で…「患者さんの思いは非難できない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)の女性患者に対する嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕された事件で、患者や家族らでつくる日本ALS協会(東京)は27日、「医療倫理に背く行為で、二度とあってはならない」とのコメントを出した。

 コメントは、患者でもある嶋守恵之会長の名で出された。「患者さんが死にたいと関係者に吐露し、依頼することは珍しいことではなく、患者さんの思いや行為を非難することはできない」とした上で、「ALSの病気進行に対して医療者や福祉関係、支援者が当事者に寄り添い支援していくことが必要」とした。

 また、安楽死については協会としては認めない立場であることを明記し、「今回のような事件が再び起きないよう、ご理解をお願いします」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1368988 0 社会 2020/07/27 20:01:00 2020/07/27 21:10:17 2020/07/27 21:10:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)