読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コシノジュンコさん「元気印の寛斎さんがいなくなると日本は暗くなる」…マルチな才能惜しむ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ワールドツアーのためデザインした衣装をデビッド・ボウイさん(左)に着せる山本寛斎さん(1973年東京都内で、鋤田正義氏撮影)
ワールドツアーのためデザインした衣装をデビッド・ボウイさん(左)に着せる山本寛斎さん(1973年東京都内で、鋤田正義氏撮影)

 大胆な色遣いと前衛的な造形で知られるファッションデザイナーの山本寛斎(やまもと・かんさい)さんが21日、東京都内の病院で急性骨髄性白血病のため死去した。76歳だった。ファッションの世界にとどまらないマルチな才能が失われたことに各界から惜しむ声が聞かれた。

 ファッションデザイナーのコシノジュンコさんは、「世の中が落ち込んでいるこのようなときに、元気印の寛斎さんがいなくなると日本はより暗くなります。残念です」と追悼した。山本さんは大学中退後、コシノさんに師事。「弟子にしてください」と頼み込み、翌日からアトリエに通い始めたという。ファッションデザイナーのドン小西さんも、「ひらめきと情熱の人。新しいことに挑戦し続け、『元気がなくっちゃ!』と常に言っていた。偉ぶらず、いつも若い人たちを応援してくれた」としのんだ。

東日本大震災の被災地で、大型の灯籠を飛ばす鎮魂の行事「天灯」を企画した山本寛斎さんのメッセージが記されたチャリティーTシャツ(前面)
東日本大震災の被災地で、大型の灯籠を飛ばす鎮魂の行事「天灯」を企画した山本寛斎さんのメッセージが記されたチャリティーTシャツ(前面)

 被災地支援や海外での文化イベントなどのプロデュースにも力を入れた。

 2015年から監督、総指揮を務めているイベント「日本元気プロジェクト スーパーエネルギー!!」は、ファッションを軸に日本の伝統文化や芸術などを融合させた。今年は新型コロナウイルスの影響で今月31日にオンラインで開催する予定だ。

 このイベントに参加する歌手で俳優の夏木マリさんは、「様々なスーパーショーを牽引けんいんされた元気は、次世代にそして世界に引き継がれていくと思います」。歌舞伎俳優の市川右団次さんも、「未来の懸け橋になるという寛斎さんの理念に感動して出演を決めた。撮影した映像を見て喜んでいたと聞いたが、残念だ。天国から見てくれていると思っている」と語った。

 今年2月に白血病と診断され、闘病生活を送っていた。娘で女優の山本未來さんは、自身のインスタグラムに「父はエネルギッシュで明るいことはもとより、穏やかで、寛大で、人懐っこく、コミュニケーションを大切にし、無償の愛を与えてくれた存在でした」とつづった。

無断転載・複製を禁じます
1369137 0 社会 2020/07/27 21:26:00 2020/07/28 05:21:47 2020/07/28 05:21:47 ワールドツアーのためデザインした衣装をデビッド・ボウイさん(左)に着せる山本寛斎さん(鋤田正義氏撮影)※マルC Sukitaとクレジット入れてください https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200727-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)