ニュース

無許可搬入の土砂が雨で崩落、川をせき止め…田畑に氾濫被害

無断転載・複製を禁じます
崩落した土砂により蒔田川がせき止められ、濁流が田畑に流れ込む現場(27日、秩父市田村で)

 埼玉県秩父市田村の山間部に無許可で搬入、堆積たいせきされた土砂が、先週末の雨で崩落した。蒔田川がせき止められて氾濫し、周辺の田畑に濁流が流れ込む被害が出ている。

 県秩父県土整備事務所などによると、25日午前11時頃、同市田村で大規模な土砂崩落が発生し、約150メートルにわたって蒔田川をせき止めた。崩落した土砂は5000立方メートル以上とみられ、同事務所は水位が下がるのを待って復旧工事に着手することにしている。

 今回の土砂が崩れた場所は、県の許可なく土砂を搬入したとして、県が5月27日と6月24日、計3法人、5個人に搬入を中止するよう行政処分を行っていた。

社会
ページTOP