空港の女性検査員ら76人感染、陽性率は10%超…愛知

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県内では27日、新たに25市町で10~60歳代の76人の感染が確認された。26日までの7日間で、平均新規感染者数は65・1人、平均入院患者数は327・6人に上り、陽性率は12・5%と初めて10%を超えた。

 名古屋市で確認された36人のうち1人は尾張地区にある県立高校(定時制)の男子生徒で、同校は27~29日を臨時休校とした。また、3人はクラスター(感染集団)が発生し、計80人近い感染者が出ている中区のカラオケバーと会員制クラブとは別の店の客らだった。市によると、市内の健康観察対象者は過去最多の1100人となった。

 岡崎市は過去最多の5人の感染を発表し、40歳代の女性と10歳代の男性は、会員制クラブの客と接触のあった男性の家族という。

 今月に入り急増した感染者は大半が若年層だが、40歳代以上も164人(約25%)確認されている。26日時点で肺炎などの症状のある「中等症」は21人、人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMOエクモ)が必要な「重症」は3人となっている。

 中部国際空港会社はこの日、国際線の保安検査を担当する女性検査員の感染を発表。また、愛知工業大と名古屋工業大は、20歳代の学生各1人が感染したと明らかにした。

 一方、名古屋市の河村たかし市長はこの日夕、中区錦3丁目の飲食店などを訪れ、従業員や客らにチラシを配りながら、感染防止対策の徹底を呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1370025 0 社会 2020/07/28 10:16:00 2020/07/28 12:42:12 2020/07/28 12:42:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ