感染者ゼロだった岩手、男性2人初確認…1人は関東で友人とキャンプ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県は29日、盛岡市の40歳代男性と宮古市の30歳代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同県はこれまで、47都道府県で唯一、感染者が確認されていなかった。

映画「八日目の蝉」で再現された伝統行事、火手と呼ばれるたいまつ持ち「虫送り」

 県などの発表によると、盛岡市の男性は22~26日に関東地方のキャンプ場に県外の友人3人と滞在、同じテントに宿泊した。友人の1人が28日に陽性と判明したため、29日に県内でPCR検査を受け感染が判明した。のどの違和感とせきの症状がある。宮古市の男性は27日にPCR検査を受け、29日に陽性が判明した。

 達増拓也知事は29日夜、「一刻も早い回復をお祈りする。これまで陽性がゼロだったが、岩手も例外ではなく、誰もが感染する可能性がある」と話した。達増知事はこれまで「第1号になっても県はとがめません」と呼びかけていた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1373606 0 社会 2020/07/29 19:08:00 2020/07/30 09:08:26 2020/07/30 09:08:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)