緊急地震速報「空振り」、大江戸線ストップで乗客「缶詰め」…気象庁「多大なご迷惑をおかけした」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 30日午前9時36分頃、伊豆諸島の鳥島近海を震源とするマグニチュード5・8の地震があった。この地震で、気象庁は関東甲信や東海などの15都県に緊急地震速報を発表したが、震度1以上の揺れは観測されなかった。

 緊急地震速報は最大震度5弱以上が予測される場合に発表されるもので、震源の位置を誤ったことが原因とみられるという。

 気象庁は記者会見を開き、加藤孝志・地震津波監視課長が「国民の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことをおわびする」と謝罪した。

 この影響で、非常停止した東京都営地下鉄・大江戸線の電車が運転を再開できなくなるトラブルがあり、全線が約1時間半にわたってストップした。都交通局によると、一部の車両で乗客が1時間近く閉じ込められたという。

無断転載・複製を禁じます
1374555 0 社会 2020/07/30 09:58:00 2020/07/30 13:45:11 2020/07/30 13:45:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ