読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

状況悪化なら、都独自の緊急事態宣言も…全国の感染1579人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は31日、都内で新型コロナウイルスの感染者を新たに463人確認したと発表した。1日当たりの感染者数が初めて400人を超え、最多だった30日の367人を100人近く上回った。小池百合子知事は31日の定例記者会見で、状況がさらに悪化した場合、都独自の緊急事態宣言を検討する考えを明らかにした。

 愛知や兵庫、福岡県など8都県で感染者数が過去最多となり、全国の新規感染者数は1579人で、3日連続で過去最多を更新した。

 都内では、7月だけで6466人の感染が判明し、累計感染者1万2691人の半数を占めた。全国の同月の感染者数も1万7634人に上った。

 都によると、直近の感染者の6人に1人は無症状という。重症者は31日時点で16人にとどまり、100人超だった4月の緊急事態宣言下より少ない。専門家は「重症者は新規感染者の増加からしばらく遅れて増える」と指摘しており、小池知事も会見で「重症者を出さないことが対策の一番大きなポイントだ」と語った。

 31日に過去2番目の216人の感染が確認された大阪府では、8月6~20日、大阪市の繁華街・ミナミの中心エリアで、酒を出す全ての飲食店やカラオケ店を対象に、営業時間の短縮や休業を要請する。

無断転載・複製を禁じます
1378565 0 社会 2020/07/31 20:02:00 2020/08/01 07:18:19 2020/08/01 07:18:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)