バーでクラスター発生か…中傷恐れた店長ら、市の調査に当初「無職」と回答

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県と水戸市は31日、つくば署の男性巡査長と妻子など14人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。家庭内での感染が目立っている。県内の感染者は294人となった。

 巡査長は30歳代で、つくば市に住む。同居する20歳代の妻、未就学児2人の感染も判明した。妻と子2人が7月中旬、東京都内の妻の実家に帰省。巡査長は車で妻子を迎えに行った。妻の親はすでに、感染が確認されている。

 古河市でも3人の感染が判明した。30歳代の無職女性と古河市立の小学校に通う男児2人は、29日に感染確認が発表された40歳代の無職男性と同居する家族。男児2人は28日まで通学していた。

 古河市はこの小学校を31日と8月3日の2日間、休校とした。男児2人と濃厚接触した児童66人と教員7人の計73人は陰性だった。

 ほかの感染者では、筑西保健所管内に住む50歳代無職女性は、20日発表で都内勤務の70歳代男性会社員と、22日発表の10歳代男子生徒と同居する家族。笠間市の70歳代の自営業女性は、県内で飲食店を営んでいた。中等症だという。結城市の40歳代の会社員男性は栃木県への移動歴がある。

 7月30日、31日に6人が退院するなどし、県内の回復者は213人となった。

 水戸市は31日発表の14人のうち、市内に住む4人の詳細を明らかにした。20歳代の会社員男性は、クラスターが発生した同市泉町のキャバクラ店「CLUB Wayne(ウェイン)」の客。この店の感染者は6人目となった。

 市はまた、すでに感染確認された4人が、同市大工町のバー「BAR Hangout(ハングアウト)」の関係者だと明らかにした。クラスターが発生した可能性が高いとみている。

 4人は、7月28日発表の30歳代男性が店長、30日発表の20歳代男性2人が従業員だった。30日に県から発表された30歳代男性は、このバーに客を紹介するため、店に出入りしていた。

 この4人と、市が28日に発表した30歳代無職男性の計5人は、19日に市外で行われたバーベキューに参加。バーベキューには計10人程度が集まっていたという。

 バーでは接客時、マスクを着用していなかったという。店長と従業員2人は当初、中傷を恐れ、市の調査に「無職」と答えていた。

 市は、1~27日の利用客に保健所への連絡を求めている。市保健所では8月1、2日も帰国者・接触者相談センターを開設する。

 7月31日に感染が公表された4人のうち、残る3人は30歳代の自営業男性と20歳代の無職女性、20歳代の男性。自営業男性と無職女性は、バーで客の紹介をしていた30歳代男性の友人。20歳代男性は国土交通省常陸河川国道事務所の職員。

無断転載・複製を禁じます
1379771 0 社会 2020/08/01 12:23:00 2020/08/01 12:23:00 2020/08/01 12:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ