読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「防止宣言」出した本人が…消防局長に複数の女性職員からセクハラの訴え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県所沢市など県西部5市を管轄する埼玉西部消防局の森田浩之消防局長(59)が、女性職員へのセクハラ行為で戒告の懲戒処分を受けていたことが31日、わかった。森田消防局長は同日辞表を提出し、受理された。

 同日開かれた、同消防局を運営する埼玉西部消防組合の議会定例会で報告された。組合管理者の藤本正人・所沢市長によると、6月に同消防局の複数の女性職員から訴えがあり、森田消防局長らに事情を聞いた結果、セクハラ行為があったと判断。7月2日に処分を決めた。行為の具体内容についてはコメントを避けた。

 同消防局は昨年4月、森田消防局長名でハラスメントを「しない・させない・許さない・見逃さない」との「ハラスメント防止宣言」を出している。組織トップによる事態に、藤本市長は「市民の信頼を大きく揺るがして申し訳なく思う」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1379804 0 社会 2020/08/01 12:50:00 2020/08/06 23:28:52 2020/08/06 23:28:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)