砂浜にくいとロープでコの字の区画…間隔空けて海水浴楽しむ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁は1日、関東甲信と東海が梅雨明けしたとみられると発表した。静岡県沼津市の海岸には、家族連れらが訪れ、新型コロナウイルス対策として間隔を空けながら海水浴を楽しむ姿も見られた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、砂浜にくいを打ち、ロープで囲い密集を避ける対策をとる御浜海水浴場(1日午後、静岡県沼津市で、読売ヘリから)=田村充撮影
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、砂浜にくいを打ち、ロープで囲い密集を避ける対策をとる御浜海水浴場(1日午後、静岡県沼津市で、読売ヘリから)=田村充撮影

 同市の「御浜海水浴場」では、感染防止対策として、砂浜に木のくいとロープでコの字形に囲った区画を39か所設置。入場者数の制限や海上遊具を設置しないなど「密」を作らないための工夫を凝らしている。地元の戸田へだ観光協会の佐藤寿美事務局長(55)は「感染防止に努め、安心して海水浴を楽しんでもらいたい」と話している。

無断転載禁止
1380572 0 社会 2020/08/01 21:02:00 2020/08/01 22:29:17 2020/08/01 22:29:17 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、砂浜にくいを打ち、ロープで囲い密集を避ける対策をとる御浜海水浴場(1日午後1時47分、静岡県沼津市で、本社ヘリから)=田村充撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200801-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ