終わらぬ夏<2>やんばるへ 100キロ避難行…歌三線奏者 城間徳太郎さん(86)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

しろま・とくたろう 組踊音楽歌三線の人間国宝。1933年、沖縄県真和志村(現・那覇市)生まれ。国立劇場おきなわの組踊養成事業の講師を務め、後進を育成している。沖縄県立芸術大名誉教授
しろま・とくたろう 組踊音楽歌三線の人間国宝。1933年、沖縄県真和志村(現・那覇市)生まれ。国立劇場おきなわの組踊養成事業の講師を務め、後進を育成している。沖縄県立芸術大名誉教授
米軍基地で働いていた頃の城間さん(左、提供)
米軍基地で働いていた頃の城間さん(左、提供)
戦争体験について話す城間徳太郎さん(7月11日、那覇市で)=中司雅信撮影
戦争体験について話す城間徳太郎さん(7月11日、那覇市で)=中司雅信撮影

 1933年、今も住む那覇市の与儀よぎに農家の三男として生まれました。サトウキビを中心に作っていた父は、伝統楽器の三線さんしんの愛好家で、たまに家で弾いていたことを覚えています。(聞き手 帆足英夫、写真 中司雅信)

 11歳だった44年10月10日の空襲が、記憶に残る最初の戦争体験です。飛行機の音に「演習かな」と思い、自宅の木に登って市街地を見たら、真っ赤になっていました。「これが戦争なんだ」と現実を突きつけられました。

 空襲後、日本軍のトラックに乗り、本島北部のやんばる(山原)に疎開しました。大宜味おおぎみ村の避難所で数日を過ごし、家に戻りました。

 沖縄戦が始まる直前の45年2月か3月にまた、やんばるに避難することになったのです。「アメリカが上陸してくる」ということで、役場の指示があったようです。今度はトラックなんてなかった。私や両親、姉たちら家族と、集落の人たち計数十人が、約100キロの道のりを、米や塩を抱えて歩くことになった。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載禁止
1381030 0 社会 2020/08/02 05:00:00 2020/08/03 18:30:30 2020/08/03 18:30:30 戦争体験について話す城間徳太郎さん(7月11日、那覇市で)=中司雅信撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ