コロナで休館の2旅館、従業員65人勧奨退職…労組は「実質的な整理解雇だ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

説明会に臨む中里委員長(右)
説明会に臨む中里委員長(右)

 石川県加賀市の2旅館「ホテル北陸古賀乃井こがのい」(片山津温泉)と「ホテル大のや」(山代温泉)を運営するホテルマネージメントインターナショナル(HMI、東京都)が、新型コロナウイルスの影響で休館した2旅館の全従業員67人に退職勧奨を行い、うち65人が7月に退職したことがわかった。労働組合「日本労働評議会」は「実質的な整理解雇だ」として、5日に都内で会社側との団体交渉に臨む。

 同社によると、全国の旅館やホテルなど約60施設を運営していたが、新型コロナの影響で、石川県を含む15施設を休館にした。対象となる従業員370人に退職勧奨を行い、うち368人が応じたとしている。

 このうち新型コロナの影響で4月から休館した加賀市内の2旅館は、当初7月からの再開を予定していたが、先行きが見通せず、建物も老朽化していることから長期休館を決定。6月3日から全従業員に7月1日付での退職勧奨を行った。

 8月1日、労組側が加賀市内で説明会を開催。「ホテル大のや」のパート従業員男性(63)は退職同意書に署名せず、同労組に加入した。男性は「今回のやり方(会社の手続き)は納得できない」と訴えた。男性のほか、退職した元従業員5人も説明会に参加し、同労組東京都本部の中里好孝委員長から説明を受けた。男性と同労組は「実質的な整理解雇であり、補償を求めたい」として特別退職金を同社側に要求する方針で、「残業代が正しく振り込まれなかった」などと訴えた。

 同社は同日、読売新聞の取材に応じ、「退職勧奨であり、改めて退職金を支払う根拠はないが、理解してもらえるよう真摯しんしに対応したい」と述べた。残業代などについては「内容を精査する」としている。

 HMIが展開する「ホテルウェルネス能登路」(宝達志水町)と「ホテルこうしゅうえん」(輪島市)は、7月18日から営業を再開している。

無断転載・複製を禁じます
1381532 0 社会 2020/08/02 12:05:00 2020/08/02 15:55:19 2020/08/02 15:55:19 説明会に臨む中里委員長(右)(8月1日午前10時1分、加賀市山代温泉北部の加賀市文化会館で)=宮嶋範撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ