ガールズバーでクラスター、アルバイト女性と客の感染が新たに判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本県と熊本市は1日、新たに26人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。同市では、ガールズバーの従業員と客の計5人が関係する県内3例目となるクラスター(感染集団)の発生が判明。「熊本都市バス」の男性運転手(20歳代)の感染も明らかになり、県内の感染者は200人を超えた。

 発表によると、クラスターが発生したのはガールズバー「NEO BARBIEいきなり団子本店」(中央区新市街)。7月27~30日に感染が確認された男性客と店のアルバイトの女子学生2人の関係者をPCR検査した結果、新たにアルバイト女性(20歳代)と男性客(40歳代)の感染が判明した。

 クラスターの発生を受け、市は19~26日の来店者に対し、市新型コロナ相談センター(096・364・3222か372・0705)に相談するよう呼びかけている。

 一方、男性運転手は、25日に発熱。この日は秋津健軍線・健軍長嶺線、27日は渡鹿長嶺線に乗務し、計約250人が乗車した。

 クラスターが発生している山鹿市の介護老人保健施設「太陽」では、新たに入所者5人の感染が判明した。5人はこれまでの検査で陰性だったが、発熱などの症状が出たため再検査した結果、陽性だった。施設の感染者は計36人。

 長洲町の造船会社「ジャパンマリンユナイテッド(JMU)有明事業所」でも新たに12人が感染し、計74人となった。

無断転載・複製を禁じます
1381536 0 社会 2020/08/02 12:05:00 2020/08/02 15:26:21 2020/08/02 15:26:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ