お盆の帰省「慎重に考えないといけない」…西村経済再生相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西村経済再生相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が高齢者に広がる懸念があるとして、お盆期間中の帰省について「慎重に考えないといけない」と述べた。近く開く政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で、帰省の際の注意点や対策などに関して専門家の意見を聞く考えを示した。

 西村氏は「同じ環境で食事をすると、無症状の若い人や子供から高齢者に感染が広がる可能性もある」と指摘した。その上で、「田舎にいるおじいちゃんやおばあちゃんの健康と命をそれぞれの立場で考えていただきたい」と呼びかけた。

 一方で、政府として、都道府県境を越える移動について一律に自粛を要請する考えはないとも語った。「行動を控えるのではなく、逆に感染防止策をしっかり講じてくださいと言っている」とし、「3密」の回避など訪問先でも感染防止を徹底するよう改めて訴えた。

無断転載・複製を禁じます
1382020 0 社会 2020/08/02 20:16:00 2020/08/02 23:34:11 2020/08/02 23:34:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ