中止の「長岡花火」に代わり4発打ち上げ…戦争犠牲者を慰霊、感染終息も願う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中止になった「長岡まつり大花火大会」に代わり、打ち上げられた花火(2日午後7時30分、新潟県長岡市で)=若杉和希撮影
中止になった「長岡まつり大花火大会」に代わり、打ち上げられた花火(2日午後7時30分、新潟県長岡市で)=若杉和希撮影

 新潟県長岡市で2日、新型コロナウイルスの影響で中止となった「長岡まつり大花火大会」(長岡花火)に代わり、花火4発が打ち上げられた。戦争犠牲者を慰霊する白一色の3発と、新型コロナウイルスの感染終息を願う金色の1発が夜空を明るく照らした。

 長岡花火は昨年、2日間で約108万人が訪れた。だが、今年は戦後初の中止となり、主催する長岡花火財団が無観客での打ち上げを企画した。花火を見た同市の会社員(43)は「来年は開催できるようになってほしい」と願っていた。花火は3日も打ち上げられる。

無断転載・複製を禁じます
1382184 0 社会 2020/08/02 21:25:00 2020/08/02 22:50:24 2020/08/02 22:50:24 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった「長岡まつり大花火大会」に代わり、打ち上げられた長岡空襲犠牲者の慰霊や新型コロナウイルスの収束を祈願する花火****4発目です(2日午後7時30分、新潟県長岡市で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ