読売新聞オンライン

メニュー

壁にツルハシの跡、朽ちたヘルメットや軍靴も…沖縄戦・軍司令部壕を公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

沖縄戦で日本軍が首里城周辺地下に構築した第32軍司令部壕(那覇市で)=代表撮影
沖縄戦で日本軍が首里城周辺地下に構築した第32軍司令部壕(那覇市で)=代表撮影

 太平洋戦争末期の沖縄戦で、日本軍が首里城(那覇市)周辺の地下に構築した第32軍司令部ごうが報道陣に公開された。戦後75年の節目に合わせ、沖縄県が11年ぶりに撮影を認めた。

 公開されたのは、計5本ある坑道のうち、県が鉄製の支柱などで補強した第5坑道の約150メートル。鉄製の扉の奥に、琉球石灰岩などを掘削した高さ約1・7メートル、幅約2メートルの通路が続き、壁面にはツルハシの跡が刻まれ、朽ちたヘルメットや軍靴などが残されていた。岩盤が崩落した場所もあり、地面には水も流れていた。

 壕の総延長は1キロ以上とされ、司令官室や作戦参謀室、炊事場などが設けられた。1945年3月下旬から使用され、第32軍司令部が沖縄本島南部に撤退する同年5月下旬までの拠点となった。

 これまでも一般公開が検討され、県は2012年度に専門家による調査を実施したが、安全対策が難しいとして非公開を決めた。ただ昨年10月に首里城の火災が起き、地下の司令部壕にも注目が集まった。那覇市議会は今年6月、「沖縄戦の実相の全体像が凝縮した重要な戦争遺跡。保存・公開は後世への継承のために必要不可欠だ」とする意見書を全会一致で可決した。

 戦争体験者の高齢化は進み、司令部壕の状況を知る人は少ない。

 沖縄県南風原はえばる町の与座章健さん(91)は首里城近くの沖縄県立第一中学校(現・首里高校)を卒業した直後、学徒らでつくる「鉄血勤皇隊」として動員され、裸電球がともる中、壕内の土をトロッコで運び出した。「入り口付近だけでも内部をのぞけるようになれば、戦争がどんなものだったか考えることにつながる」と訴える。

無断転載・複製を禁じます
1382407 0 社会 2020/08/03 00:00:00 2020/08/04 16:40:28 2020/08/04 16:40:28 32軍指令壕の全景 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)