読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「青ガエル」、渋谷と別れハチ公の生まれ故郷・秋田県大館市へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・渋谷駅のハチ公前広場にある電車のモニュメント「青ガエル(全長11・22メートル、重さ約11トン)」を、忠犬ハチ公の生まれ故郷・秋田県大館市に移設する作業が3日、行われた。

大型トレーラーに積むため、ブルーシートに覆われた状態でクレーン車につり上げられた「青ガエル」(3日午前4時43分、東京都渋谷区で)=上甲鉄撮影
大型トレーラーに積むため、ブルーシートに覆われた状態でクレーン車につり上げられた「青ガエル」(3日午前4時43分、東京都渋谷区で)=上甲鉄撮影

 青ガエルは1986年までの約30年間、東急東横線などで運行された車両「東急5000系」の愛称で、緑一色の塗装と丸みを帯びた外観からその名がついた。渋谷区が東急から車両を譲り受けて2006年に広場に設置し、観光案内所として使用してきたが、駅周辺の大規模再開発に伴い、ハチ公に縁がある大館市に無償譲渡されることになった。

 移設作業は終電後の3日未明から始まった。作業員は、ブルーシートで覆った青ガエルの下にローラーをつけてスクランブル交差点まで移動させ、クレーンでトレーラーに載せて午前5時15分頃に出発した。見守った鉄道ファンらは名残惜しそうに写真に収めていた。

 青ガエルは6日に大館市に到着予定。今秋に市の観光交流施設「秋田犬の里」の芝生広場で展示される。

無断転載・複製を禁じます
1383796 0 社会 2020/08/03 12:18:00 2020/08/03 12:18:00 2020/08/03 12:18:00 大型トレーラーに積むために、ブルーシートでくるまれた状態でクレーン車で持ち上げられた「青ガエル」(3日午前4時43分、東京都渋谷区で)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200803-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)