読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

犬2匹がコロナ検査で陽性…ペットで国内初、感染した飼い主から預かる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ペット保険大手「アニコムホールディングス」(東京都)は3日、新型コロナウイルスに感染した飼い主から預かった犬2匹がPCR検査で陽性だったと発表した。厚生労働省によると、国内でペットの陽性が確認されるのは初めてという。

 同社は、感染者のペットを預かる事業を手がけている。7月下旬に2世帯から犬1匹ずつを預かり、PCR検査を複数回実施したところ陽性反応が出た。

 他のペットと隔離して預かっており、1匹は既に陰性となった。世話を担当する職員らもPCR検査を受けたが陰性で、体調不良もないという。同社は4月以降、犬や猫など計42匹を預かっており、全てに対しPCR検査を行っている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1385192 0 社会 2020/08/03 20:17:00 2020/08/04 18:17:30 2020/08/04 18:17:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)