ソフトバンクグループ、400億円の申告漏れ…国税指摘

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 持ち株会社のソフトバンクグループ(SBG、東京)が、東京国税局の税務調査で、2019年3月期に約400億円の申告漏れを指摘されたことが関係者の話でわかった。為替差損に関する計算の誤りや、投資ファンドを巡る経費計上の誤りについて指摘されたという。過去の損失と相殺され、法人税の追徴課税は発生しなかったとみられる。

 関係者によると、SBGが日本の子会社からドル建てで借り入れた負債について、為替レートの計算に誤りがあり、損失を約170億円過大に計上していたと指摘された。また、SBG傘下の新興企業向け投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を巡る海外子会社への成功報酬約140億円についても、SBGへの経費計上が認められなかったという。

 一方、SBGとは別に、子会社の携帯電話大手「ソフトバンク」(東京)についても、同国税局から約30億円の申告漏れを指摘された。過少申告加算税を含む法人税の追徴税額は十数億円とみられる。

 取材に対し、SBGは「国税局から経費計上のタイミングのずれ、外貨建て負債の換算ミス、海外関係会社の所得計上漏れについて指摘を受け、修正申告した」などとコメント。ソフトバンクは「主なものは費用の計上時期の相違から生じたもので、既に修正申告した」などと回答した。

無断転載・複製を禁じます
1385684 0 社会 2020/08/04 00:31:00 2020/08/04 05:44:12 2020/08/04 05:44:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ